お知らせ

投稿日:2021年7月6日

七夕


こんばんは!

神奈川県横浜市泉区を拠点に軽貨物運送業を営んでおりますTAKEFUJIEXPRESSです。

本日はみなさんも知っている七夕についてお話します。




七夕と言えば、天の川を隔てて会うことができなくなった
織姫と彦星が、1年に1度だけ会うことができるという
ロマンチックな星物語が有名な日です。

毎年7月7日の夜に、願い事を書いた色とりどりの短冊や七夕飾りを
笹の葉につるし、星に祈る習慣が各地で広く親しまれています。
子どもの頃に色紙で飾りを作ったり、短冊に願い事を書いて

笹に飾ったりした方も多いのではないでしょうか。
今回は、七夕の笹飾りの由来はや七夕飾りと五色の
短冊の意味についてご紹介します。

七夕の由来

天の川
五節句の1つに数えられる七夕は、日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が由来していると考えられています。

古代日本の禊の行事・棚機

棚機(たなばた)は古代日本における禊(みそぎ)の行事、つまり穢れ(けがれ)を清める行事です。毎年稲の開花時期に合わせて、主に農村部で盛んに行われていたと言われています。棚機行事では、まず村の乙女が水辺の小屋にこもり、着物を織って棚に供えます。神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清めるのです。着物を織る際に使用されたものが、棚機という機織り機でした。やがて日本に仏教が伝えられ、棚機はお盆を迎える準備のための行事として旧暦7月に行われるようになりました。

棚機と乞巧奠が融合し、七夕へ

乞巧奠が奈良時代に日本に伝わると、日本にあった棚機と融合し、七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事になりました。七夕(しちせき)は、織姫と彦星の逢瀬と詩歌・裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ、五色の糸や金銀の針、山海の幸を供える行事です。供物の祭壇の左右には笹が立てられ、五色の糸がかけられたと言われています。また、梶の葉に和歌をしたため祀りました。この五色の糸と梶の葉が、笹飾りの始まりと伝えられています。室町時代になると、宮中行事である七夕、そして織姫と彦星の物語が民間に伝わりました。そして、農村で古来より広く行われていた棚機にちなみ、七夕(たなばた)と読むようになったと言われています

七夕飾りの意味

七夕飾り
七夕飾りに込められた願いは、それぞれの形により異なります。飾り1つ1つの意味や願いを知ると、より七夕を楽しく過ごせるかもしれません。

折鶴(千羽鶴)
長寿を表す鶴を折り紙で折り、長生きできるように願います。

吹き流し
吹き流しは、織姫に供えた織り糸を表しています。紙風船やくす玉に五色のテープを貼り付けたものです。折り紙を輪にし、等間隔に切れ込みを入れて作る場合もあります。織姫にちなみ、裁縫が上達するように願います。

網飾り
網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表し、大漁を願います。

財布(巾着)
折り紙を財布や巾着の形に折って飾ります。また、本物の財布を下げることもあります。金運の上昇を願います。

神衣・紙衣(かみこ)
神衣・紙衣(かみこ)は、紙で作った人形、もしくは着物を飾ったものです。裁縫が上達し、着るものに困らないように願います。人形に災いや穢れの身代わりになってもらう意味もあります。

くずかご
七夕飾りを作るときに出た紙くずを、折り紙で折ったかごに入れてつるします。整理整頓や倹約の心を育む意味があります。

短冊
五色の短冊に願い事を書いて飾ります。七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事のため、物が欲しいという願い事ではなく手習い事の上達を願う方が良いとされています。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
TAKEFUJIEXPRESSに興味ができた方はこちらからどうぞ!

TAKEFUJI EXPRESS
ただいま軽貨物などの運送ドライバー求人中です
〒245-0024 神奈川県横浜市泉区和泉中央北5-22-9原田ビル
TEL:045-383-9697 FAX:045-383-9698

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

「ぼたもち」と「おはぎ」のちがい

「ぼたもち」と「おはぎ」のちがい

こんにちは! 神奈川県横浜市泉区を拠点に軽貨物運送業を営んでおりますTAKEFUJIEXPRESSで …

【求人募集】一緒に働く仲間を募集!

【求人募集】一緒に働く仲間を募集!

こんばんは!TAKEFUJI EXPRESSです。 弊社は、神奈川県横浜市泉区を拠点に軽貨物運送業を …

石川早生(いしかわわせ)里芋の子芋 

石川早生(いしかわわせ)里芋の子芋 

こんにちは! 神奈川県横浜市泉区を拠点に軽貨物運送業を営んでおりますTAKEFUJIEXPRESSで …